2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
車旅の期間
ツイート
今どこ? 予定は?
・・・・・2014年・・・・・
-過去-
10/10/2013~12/17/2013 南アフリカ 12/18/2013~6/29/2014 日本

-現在-
6/30~ 南アフリカ

-予定-
7/5、20代夫婦、ダーバン合流♪
7月末、1人合流
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
『世界車旅』を振り返って・・・ 
 この1年間で、33ヶ国通過、走行距離64000km以上(地球1周半)の長い道のりを、女1人だけの運転で車旅ができたことは、やはりとても嬉しい。 こんなふうに、長期間・長距離を1人で運転して旅している日本人女性は他にいないと思う。 それも、とても嬉しい。  

大学1年生から国内を車で旅行することが大好きで、あちこちドライブがてら行っていた。 米国に住んでいても、やはり、車であちこち旅行しに出かけた。 「メキシコは危ない」とアメリカ人やメキシコ人に言われながらも、何度も車で遊びに行ったが、全く危険はなく、出会う人達は皆すごく親切でフレンドリー。 食べ物も美味しいし、見所も豊富で、本当に最高に素敵な国だから、連休の度に、愛車でメキシコを廻っていた。 そして、気が付けば、北アメリカ大陸全土を走破していた。 アラスカを含めた米国、カナダ、メキシコ、中米。 

米国を離れて日本に帰国した後も、「いつかは、他の国々も自分の車で旅したい!」とずっと密かに思っていた。 そして、ようやく念願が実り、ユーラシア大陸に向けて出発する時が訪れ、自分の愛車で未知の世界に飛び出せたのは、2011年6月。 ところが、色々な事情が重なり、わずか2ヵ月という短さで途中断念し、日本に帰国したけれど、翌年の再出発は最初から自分の中で決まっていたから、意外にも平気だった。 そして、2012年4月に同じ愛車で再出発し、1年後に無事にアフリカ南部のナミビアまで到着することができた。 

モンゴル、中央アジア、アフリカは悪路が多く、舗装された道で運転するのと訳が違う。 特にアフリカの西側は過酷で、車にも結構なダメージが。 精神的に大変なこともあったけど、数え切れないほどの貴重な体験ができ、素晴らしい思い出がたくさんできた。 1日では説明できないほど、毎日色んなことが起こりすぎて、何から話していいのか、うまく伝えることができない。 文章を書くのは苦手だし。 そこで、これからの車旅は、動画で伝えるという手段を思い付いた。 これなら、文章にしなくても、映し出される映像を見るだけで、色んなことが伝わるかもしれない。 映像から聞こえてくる音で、もっとリアルに感じてもらえるかもしれない。 編集は、最初は大変かもしれない。 でも、動画で伝えたい。 それをみんなに見てもらって、アフリカをもっとよく知ってもらえたら、なんて素晴らしいことなんだろう!って思った。 私自身も、もっとよくアフリカを知ることができるし、映像で記録を残すことができる。

と言う訳で、ナミビアに戻ったら、これまでとは違った車旅を再開する。 日本人のみんなに「もっとアフリカをよく知ってもらおう!」というコンセプトで企画を立ち上げて、車旅をする。 自分の愛車でする車旅だからこそ、自由にできることだと思う。 今はまだ製作段階だけど、成功することを願いながら、作業をしている。 でも、時間が足りなくて、かなり焦ってる。

この4月から2ヵ月間の一時帰国で、久しぶりの日本を楽しむことができた。 家族、友達、食べ物、温泉。 今度、いつ日本に帰って来るのだろう?? 毎日がバタバタで、もっとゆっくり日本に滞在したい!! と出発が近づくにつれ、強く思うになった。 飛行機のチケットは、6月16日発。 日程を変更しようかなぁ?と考えている今日この頃・・・・ 笑
スポンサーサイト


 
茨城宅のニャンコたち☆
韓国26日目

日々、特に変わったこともなく、の~んびりと過ごす。
あと、4日後にはロシア☆ のんびりできるのも今のうち!

最近、アキラがメールで送信してくれる子猫の写真は心を和ます♪
生まれてから、まだ一ヵ月も経たないのに、
数日前、半野良の母親シロが、家の軒下に連れて来たのだ♪

特に、今日、届いた写真が、めっちゃくちゃ可愛いので、アップだわ♡

日本日本

抱っこしたいよぉ~~~!!
これからの成長写真が楽しみだ☆


 
境港、出航の日☆
徹夜で、入院中のお爺ちゃんの看護につく。
1週間前に胃のバイパス手術を受け、回復は順調らしい。
1時間置きにベッドの横に置いてある簡易トイレに行くから、
ズボンを降ろすのを手伝い、服が垂れ下がらないように持ってる。
前は、座っておしっこするのを嫌がっていたのに、
今回は自分から座るから、楽だわ。

自分の作業をしながら、看護していたから、朝は案外早く訪れた。
7時半の朝食は30分かけて食べないといけないけど、
お爺ちゃんの食べるペースが速い。 ゆっくり食べるよう、手伝う。
じれったいんだろう、「日が暮れるわ」って笑いながら言う。

固形物のサツマイモでさえ、もう食べていいんだね。
手術前までは、流動食しか食べられなかったのに、
バイパスのお蔭でオモユ以外の物が食べられて、本当に嬉しそう。
食事を残さず完食し、お腹いっぱいになり、満足そうに微笑んでる。 

痴呆で、もはや、私の事が誰だかわからないけど、
お爺ちゃんにお別れを伝える。 でも、何て言っていいのかわからない・・・
きっとこれがお爺ちゃんを見る最後の姿なんだろうなぁ、と思うと辛い・・・
けど、最後の最後には、お爺ちゃんの笑顔が見られて本当に良かったわ!

お爺ちゃんはいつも「好きな事をして人生を楽しめ」と言って応援してくれた。
就職もせず、結婚もしない私に、「遊びが仕事だけんな」と会う度に言ってた。
今日は、もうその言葉は聞けないけど、きっとお爺ちゃんはそう言うはず。

2年前の2010年、お爺ちゃんの米寿のお祝いの時の写真。 
いつも元気で、病気ひとつしないで、日々畑仕事とパークゴルフを楽しんでいた。
去年、私が車旅に出発後、癌発覚、同時に全身転移も発覚、帰国することに。

日本
2年前、孫が8人もいるのに、やっとこさの初曾孫あみちゃん♪ 超可愛い♡
1週間前に、2人目の曾孫が誕生。 (同じ母親) おめでとう!
お爺ちゃん、2人目の曾孫の顔が見れるといいんだけど・・・・


病院を9時頃に出て、その後、スーパーに最後の買い出しに行く。
ホームベーカリーも持って行くことにしたから、その材料となる
強力粉、米粉、砂糖、塩、ドライイーストをまとめ買い。
他に、栄養分となる食べられる「いりこ」や有機コーヒーの粉もまとめ買い。
原材料などの質に拘るから、日本で買った方が生産地もわかるし、安心できる。
他に、緑茶、喉飴、おかき、ガムなども購入し、¥16000も使ってしまった!

ホームセンターで、車のワイパーの替えを4セット、
ウィンドーウォッシャー液を2本、購入。 

残るは、カルネの書類! 妹に任すことができると思ったのに、
印鑑証明書が必要だとわかり、印鑑を購入したりするのが面倒だと言うから、
今度は弟に頼む事になり、弟の働く世界遺産の石見銀山へ出発。
ちょうど病院に向かう妹とすれ違い、結局、代理人を引き受けてくれた!
ありがとうよぉ~~!! これで、カルネの申請は、大丈夫そうだ。

石見銀山の蕎麦屋「朝日屋」で働く弟を訪ね、ざる山掛けを頂いた♪
弟が作ってくれた最後の蕎麦になるかもしれない。 食べられて良かった!
今年か来年には、この蕎麦屋を店じまいするらしい・・・日本

時間があれば、母親と出雲で会おうと話していたのに、時間がない!
地元に戻って来たのに、母親と話す時間もなく、お別れもせずに出発だわ!
父親は仕事で中国に行って居ないし、お婆ちゃんにも一度も会えず・・・

地元に戻った12日と13日は、仕事の整理で妹宅にずっと居て作業、
13日の夜から出発当日14日の朝まで病院でしょ。 あっと言う間だったわ。
最後に美味しい寿司を食べたかったのに、それも断たれてしまった(涙)

4時半に境港に行かないといけない! わぁ~!もう2時間前、ヤバイ!
急いで実家に戻り、納屋に置いてあった残りの荷物と、届いた荷物を車に乗せ、
いざ境港に向けて、出発! 時間がないのに、境港付近で、道間違えたぁ!
途中のコンビニに寄って、フェリーで食べるおにぎり4個とお茶を3本を購入。 
日本の最後のおにぎり&お茶だわぁ~ 本当に2年以上離れてるのかなぁ??

境港のフェリー乗り場にちょっと遅れて到着。 キムさん赤嶺さんに会う。
いつものように、まずは保管場所に車を停める。 今回は1台じゃない!
イギリスから来たバイカー4人いるよ♪ 彼らはウラジオストク行き。 だよね・・・
日本
 
先週は、一緒にアフリカ縦断予定の若き青年2人のデリカ
2週間後には、池田さんという男性も車でウラジオストクに行くらしい!
お、今のところ、今年は車が3台、ロシアに渡るのね!
凄いじゃん! 今まで、車は年に1台あるかどうかだったのに!

税関の人に、書類を渡し、車体番号を見せるだけで終了。
一時輸出入申告書にスタンプを押してもらったのを返してもらい、
日本に入国時に提出する書類となるので、大事。

エースをフェリーの中に入れる。 今回は、1階で良かった! 楽!
今まで2階に行かされ、狭くて、天井にぶつかるギリギリの高さだったからね。
日本 
日本

車からフェリーで必要な物、着替え、お風呂セットなどを取り出し、
コンビニで買ったおにぎりとお茶も持って、お金を払いに事務所へ。  
(後で、値段の詳細アップ)

その後、乗船券を購入 エコノミー¥9000 + サーチャージ¥800= ¥9800

フェリー乗り場の待合室で無料Wifiで仕事し、最後の乗船客となるまで待つ。 
出航7時前になっても、次から次へと韓国人のツアー団体が流れ込んでくる。
出発は、遅れて7時半頃。 
日本

部屋は、セカンドクラスにグレードアップ お~、日本人が1人いる♪
みきちゃんは、大学4年生。 1年休学して、ウラジオストクの大学に
ロシア語を勉学するため、10ヵ月、留学するんだって!
大学は八王子で、実家はなんと米子! 地元じゃん! 
 日本 
一番奥の4人部屋をみきちゃんと2人で占領♪

徹夜で寝てないから、何だかとても眠いけど、
楽しくずっとみきちゃんと話してた☆  
美人で可愛らしい子だよ! いいな! 


 
妹と東北のプチ車旅 (被災地区・南三陸町)
=南三陸町=


大きな地図で見る

大きな地図で見る

南三陸町役場の映像は、よく知られてる・・・ 
本当に本当に辛い・・・ 

http://youtu.be/IBUWQVrbdn4
http://youtu.be/M-neskB4FOc
http://youtu.be/8vZR0Rq1Rfw
http://youtu.be/IlwetVea250

日本日本日本
日本日本日本
日本日本日本日本日本日本minamisanriku6.jpg日本
日本日本日本日本日本


 
妹と東北のプチ車旅 (被災地区・気仙沼)
=気仙沼=


大きな地図で見る

大きな地図で見る

建物が残ってる場所もあれば、何もなくなってる場所もある。
ただっ広い大地が露わになり、津波よる広範囲に渡る被害が一目でわかる。
ただ、殆ど綺麗に取り除かれてしまってる光景からは、
本当の凄まじい悲惨な状況はわかりにくい。 
1年前にテレビでよく目にした映像を再度youtubeで見たら、
凄くよくわかる・・・ 辛すぎて、悲し過ぎて、見ると涙が止まらない・・・・

http://youtu.be/MfLEKTRToiI
http://youtu.be/H7-QBph_N50
http://youtu.be/BsRzTpQOsYc
http://youtu.be/sAIwDTsdadU
http://youtu.be/bLfKBHCJYM4
http://youtu.be/fgkXj-2p7jM
http://youtu.be/nHJ-s8gk1Xg

http://youtu.be/3xiT4baxDk4

日本
日本日本日本日本日本日本
日本日本日本日本日本
日本 
日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本日本


 
妹と東北のプチ車旅 (被災地区)
~妹とプチ東北旅行、2日目~


大きな地図で見る

続き・・・・

宮古道路を下りると、もうそこは被災地・・・ 
信号で止まってる目の前には、潰れた車が並べてある。
瓦礫がまだ散乱しているが、殆ど取り除かれてある荒れた大地が広がる。
国道45号線
を南下する。
日本
日本日本日本日本日本日本日本
山以外は、ずっと只管、わずかな瓦礫が残った白っぽい大地が続く・・・

陸前高田に着いた時は、もう薄暗くて、はっきりとは見えないけど、
一帯に電気がないから、何もないのがよくわかる。 大きな鉄骨が黒く聳えてる。
唯一、国道沿いに建つ、小さな給油所が明るい。 そこで、給油する。

妹が、海岸沿いから、家が残って、人が住んでる所まで、
どこのくらい離れてるか知りたいと言うので、奥の方に進んでみる。
途中、ガーミンに線路を映るけど、もうそこには、線路がない。
建物の土台だけが残り、本当に、何もない・・・・

山の近くの方まで行くと、家々が残って、人が住んでるみたい。
海岸から山までの約1㎞の区間は、津波にやられてる。
平地が続いてる所は、もっともっと長い区間、津波に襲われたんだろうな・・・

気仙沼の復興屋台村で夕食を食べるために、重い気持ちで出発する。
どこにあるのかわからないけど、気仙沼市街に入り、暗い街中を走ってると、
遠くで赤い提灯の光が浮かび上がってるのが見えた。
日本日本
どこに入ろうかと見て回り、女の子が働くこのお店に入ることに。
『Cafe & Dining BUGGY』
日本
お客さんは、常連のようで、陽気な地元のおじさんたち。 
妹は、話し上手なので、誰とでも和気あいあいと仲良くなれる。
日本
気仙沼市にある牧場『モーランド』の牛乳が飲める。 すごく甘い! 
バナナ、ヘーゼルナッツ、キャラメルなど、味を足したメニューがある。
美味しいので何倍も飲んでしまった♪ ホットミルクも美味しい♪

日本
マグロ山かけ ¥650
日本
ホヤ酢 ¥900
日本
モウカの星メカジキの心臓の刺身) ¥850  初!甘味でめっちゃ美味い♪
日本
漁師のおじさんに、この辺りで食べる珍しい魚料理を教えてもらう。
今の時期は、メカジキのハーモニカなど。 ハーモニカ??
隣の魚料理店
『大漁丸』にあると言うので、早速注文! 
そこは、女の子2人(姉妹)の両親のお店だと言う。
父親が30年間マグロ漁船で料理長してたけど、震災後はここに開店。


初体験☆
メカジキのハーモニカ
 (背中のヒレの骨と身) 脂が凄い! 
揚げてあったけど、塩焼きにした方がもっと食べやすいかも。
メカジキの目のたたき   これも甘味と脂があり、美味しい。
日本
『はまらん家』のはまらん焼と 『あたみ屋」のラーメンを注文し、
出来上がったら、自分が食べてるお店に届けてもらえるシステム。
日本日本
はまらん」は、この辺で「寄っておいで」と言う意味なんだって。
日本
明るい女の子たちの自宅は、津波に流されてしまった。
小さな子供が2人いるお姉さん(左)は、車椅子の祖父母がいる家にいて、
避難できず2階にいた結果、みんな流れ、彼女も子供と3人で流された。
子供2人と板につかまりながら流されたが、家で引っかかり、助け出された。
その家の人が、カウンターに座っていた、一番右側の人だったと言う。
妹さん(右)が難なく話してくれたけど、想像を絶する・・・・・・
妹さんは震災の時は、内陸部の方にいたから、大丈夫だったって。
お姉さんの方にもっと詳しく色々な話を聞きたかったけど、
傷が癒されてなかったら、話したくないかもしれない・・・と思ってやめた。
日本
気仙沼の応援マグネット ¥500

高速の無料化がなくなってから、一気にお客の数が減ったと言う。
復興のためにも、高速の無料化は続けるべき!
無料じゃなくても、どんどん足を運ぼう


震災から1年経つというのに、瓦礫がやっと撤去されてきた状態で、
まだまだ災害後の様は、ありありと残っている。
日々の生活の中で、この悲惨な情景を目にするのは、
被災者たちにとってはとても辛いんだろうな・・・

解決していない問題が山積みで、きっと物凄く大変なんだろうけど、
地元の人達と接してると、逆にこっちが元気をもらう程!
明るくて、優しくて、逞しくて、本当に強い!! 

早く問題が解決し、被災者たちの生活が安定し、快適になりますように!!


 
妹と東北のプチ車旅 (乳頭温泉)
☆妹とプチ東北旅行、2日目☆

妹に6時半頃、起こされる。
ん~、まだ眠いぞぉ~~
しかも、雨だぁ~~

今日は、秋田県乳頭温泉の『鶴の湯』に行くぞ☆
私のめっちゃ大好きな温泉! 
玉川温泉にも凄く行きたいけど、遠すぎて行けない・・・
たぶん、雪で行けなかったと思う。

盛岡から西に向かうと、雪が一面に広がるようになる。
道路は、濡れているし、外気温は6度もあり、スリップする心配はない。

温泉の入浴は10時から。 まだ9時頃なので、
先に「山のはちみつ屋」に行って朝食だ☆ 試食が朝食♪
日本
日本日本日本日本
妹が試食しながら、色々と買い込んでるぞぉ~  友達とかへのお土産だとか。
私は自分自身に、「はちみつしょうが酢¥960」を購入☆
日本 2、3倍頂いた♡
めっちゃ美味しい☆ 日本
日本
もう10時過ぎてるよ。 いつも買い物であっと言う間に時間が過ぎるね(笑)

向かいのお店は、カフェになっている。 しかも、コーヒーお替り自由
時間があれば、コーヒーで寛ぎたい所だが、温泉に行かねば・・・

ここのカステラは、はちみつが効いてめっちゃ美味しい☆ 
カステラの切れ端を詰めたパック¥260シュークリーム¥170を購入♡
カステラの切れ端のパックは、数がちょっとしかなく、すぐに売り切れる。
朝一で来れたし、お客がいないので、買えた。 やったぁ~!
日本日本日本
日本
カフェの中で座れない場合は、このロンドンバスの中も利用できる。

さて、試食でお腹いっぱいになったし、温泉に出発だ☆ 
乳頭温泉郷に向かう山を上ると、どんどん積雪が高くなる!
妹は「こんなに雪を見るの初めてぇ~!」と喜んでる♪
日本
日本
ん? 「本日は掃除のため露店風呂に入れない」って看板に書いてある!?
ちらっとそう見えたような気がしたけど、間違えかもしれない・・・ (不安)
日本日本日本
日本日本日本日本日本日本日本
やはり、露店風呂は掃除だ!
毎週月曜日は掃除の日だから、内湯のみとなってるんだね! 超ショック!!
鶴の湯温泉 日帰り入浴¥500 (10:00-15:00)

ここのお湯が大好きなので、私は内湯でもいいと思ったけど、
「露店風呂があった方がいい」と妹が言うので、男女別々の「大釜温泉」へ。
日本
エースよりも高い積雪。 除雪車がせっせと駐車場スペースを作ってる。 
作業してるおっちゃんがとてもフレンドリーで、自ら妹と私の写真を撮ってくれた☆

大釜温泉は、妙乃湯温泉の隣に位置し、もっと山を奥に行った所にある。
更に積雪は高くなり、豪快な雪掻き機がゴーっと通過! 
日本 
昔の校舎を移設して造り直した温泉。 前の建物は、火災で焼失したらしい。
大釜温泉 日帰り入浴¥500  (9:00-16:30)
日本
足湯のはずなのに、雪のてんこ盛り(笑)
日本日本日本日本日本日本 鉄の味が強い!
内湯は熱いが、露店風呂は温めで、長湯ができる☆
誰もいないので、妹と二人の貸切状態♪

妹が電話で乳白色の温泉かどうか聞いたら、乳白色だと答えたのに、
来てみたら、めっちゃ茶色のお湯なので、残念でした(笑)
金の湯で有名な「妙乃湯温泉」に行ってみたかったな・・・

ゆったりと浸かりながらも、気持ちは何か急かされ気味。
次は昼食を食べて、三陸海岸に向かわなきゃ! 
この調子だと、明るいうちに、松島まで南下できるのか??

田沢湖の町にある郷土料理を出す「宝風」へ。 これで4度目だわ。
乳頭温泉、はちみつ屋、ここの郷土料理屋は、私の定番の行き場所。
日本日本
田沢湖の季節の味(三点) 味比べ ¥630
日本
地鶏きりたんぽ鍋定食¥1995 と 地鶏の山芋鍋(単品)
日本
地鶏釜めし¥1155  岩魚塩焼き¥840 (イワナは田沢湖で養殖)
日本

併設された隣の売店で、またもやお土産を買い込む妹!
私の方は、もう旅に出発だから、自分用には買えないが、
相方アキラに「いぶり漬けのスライス」をお土産に購入。
日本
いぶり漬け大根は旨い☆日本

さてさて、秋田県を出て、次は岩手県の三陸海岸沿いを南下するよ。
龍泉洞に連れて行きたかったけど、そんな時間は全然ないので、断念。

盛岡を通って、宮古に向かう。 盛岡の反対側は、雪がない。 対称的。

宮古の海岸沿いに出てからは、何もない大地が広がる・・・
いきなり被災地区の様子が目に飛び込んできた・・・

毎日にようにテレビで見てる光景を自分の目で見るのは大事だと
わかってはいたけど、「辛いから」と、今までずっと避けてきた。
相方アキラは、いつも「行こう」と誘ってくれていたけど、なかなか。
今回、妹が「行きたい」って言うので、いい機会だと思って、やっと来た。

余りにも重い内容ので、続きは次へ・・・


 
妹と東北のプチ車旅 (阿武隈洞)
☆妹とプチ東北旅行、1日目☆

天気は快晴 ☀
エースに妹用の布団を積み込んで、朝出発! 

最初の目的地は、福島県にある阿武隈洞
入場料¥1200 + 探検コース¥200

磐越自動車道の小野ICで下りて、15分くらい。
道中、『りかちゃんのお城』、馬鹿デカイ看板がある。
「おっ、私の城だ♡」 (笑)

削れた岩肌が目立つ山頂に何か建物があるねぇ~
何なんだろうね? と言いながら、くねくねした上り坂を進むと、
洞窟の入り口に到着。 天文台もある。
日本

大したことない洞窟だと思っていたのに、
結構、繊細に形成された状態が見られる鍾乳洞が幻想的で
急ぎ足で見るつもりが、のんびりと1時間も楽しめた☆

探検コース一般コースの分かれ道には、
お爺ちゃんが1人でチケット販売で座っている。
暇ってのもあるんだろう、お爺ちゃんの話は止まらない・・・
妹は、お爺ちゃんが何を言ってるのか殆ど聞き取れなかったという(笑)
私も同じ・・・ 2人して殆ど理解できてなかったわ。 ごめんね。

探検コースは、ちょっとだけ探検?っぽい感じ?
体が大きい人には通りにくい所もある。

~基本的な知識~

1.何でできるの?
必要なものは雨水と石灰岩です。 雨水は降ってくる間に大気中の二酸化炭素を吸収し、さらに地中にしみ込む時、腐食した生物が発生する二酸化炭素も吸収して酸性になります。 一方、炭酸カルシウムが主成分の石灰岩は酸性の水に溶ける性質があります。このふたつが出会い、酸性の雨水が長い歳月をかけて石灰岩を溶かしてできた洞穴が鍾乳洞なのです。

2.鍾乳石はどうやってできるの?
酸性の水は石灰岩を溶かすと、溶け込んだ炭酸カルシウムによって中性に近い水になります。鍾乳石は、この地下水に溶けていた炭酸カルシウムが、洞穴の天井や壁面などを流れる時に再び結晶してつくられます。つまり、地下水に溶けた石灰分かもう一度固まったもの(二次生成物)が鍾乳石なのです。

3.鍾乳石はどんな種類があるの?
鍾乳石は1cm生長するのに70年~100年かかるといわれています。このようなはるかな時を経てつくられる鍾乳石は、その形によってさまざまな種類に分れます。 主な種類には、天丼から水が落ちる時に石灰分か天井に残ってできた「つらら石」や「鍾乳管」、床に落ちた水の石灰分かだけのこのように堆積した「石筍」、つらら石と石筍が伸びて柱状につながった「石柱」などがあります。

日本日本日本日本日本日本日本日本
日本日本日本日本
東洋一か、アジア一の太さだとか。

昼食は、山の麓にある町の蕎麦屋さんへ。 
12時頃通った時は、駐車場がいっぱいだったので、美味しいと予想♪
日本日本
日本
じゅうねん(エゴマ)を擦ったタレは、美味しい☆ 余ったら飲もうね☆
いつもエゴマ油をたっぷりサラダにかけて食べている。
アルファ・リノレン酸は、必修脂肪酸。 (熱に弱い)
エゴマ油はさっぱりして、ほのかに味があって美味しい☆ 超お勧め!
日本
地元の川で獲れるイワナ。 生臭みがなく、美味しい☆ 
うどんもコシがあって美味しいし、天ぷらも美味しい☆ かなりお勧め!
日本
名産の三春桜の生うどん
近くにある三春滝桜は超有名。 その桜の花びらと他2種類を練り込んだ生地。

今頃は、その桜が満開なはずなのに、寒すぎて、まだ咲いてもいない(涙)
茨城、水戸の偕楽園は、今週、『桜祭り』のはずが、『梅祭り』となっているし。
今年の桜は、本当に遅いねぇ~
 
綺麗な鍾乳洞も見たし、美味しい地元料理も食べられたし♪
上機嫌で、高速に乗り、北上。 宮崎県名取市のガススタに4時頃着く。
給油後、セブンイレブンに寄る。 そして、事件が・・・・

コンビニで買い物してると、妹が、「車の鍵」と言うので、渡す。
買い物を終え、エースのドアを開けようとしたけど、開かないから、
外で、タバコを吸ってる妹に、「鍵開けて」と言う。 
「鍵開いてるよ」・・・・ 「でも、開かないよ?」・・・・
「え?鍵は車の中だよ!」・・・・・・・・ は???
鍵が車の中に入ったままロック状態!!
そして、スペアキーは、車の中・・・・・・・・ ガ~ン・・・・

電話帳で、鍵を開けてくれる会社を探す。 
他で作業をしてるから、1時間半後に来れると言う・・・
そして、暗くなり始めた2時間後の夕方6時半頃に鍵は開いた・・・・
可愛そうな妹は、無駄に¥12000の出費。 
「浮いてる高速代&ガソリン代と思えば・・・」と慰めるが、
「私も出すよ」と言わない、冷たい姉です。 

どうやら、リモコンキーで鍵を開け、助手席のドアだけを開けた場合、
誤作動だと車が勝手に判断し、1分後にはまたロックされる
とのこと。
知らなかったわぁ~~(汗) 
「旅に出る前にわかって良かったね」、と妹。 確かに!
日本 

さて、この後、どうしようか?
本当なら、三陸海岸の方向に進んで行く予定だったんだけど、
もう真っ暗だし、7時前だし・・・ ルート変更。
仙台名物の牛タン食べて、盛岡まで行って寝よう!

仙台出身のけいちゃんに、何処で美味しい牛タンが食べられるかメール。
何軒か教えてくれた中に、私も名前を知っているチェーン店の「利休」があり、
ここから近い名取店の利休へ行くことに。 久々の仙台の牛タン、美味しいぞ☆

日本日本日本日本

そこで働く人たちに、温泉はないかと聞く。 
8時頃だと、この時間帯で入れる所はないって・・・
皆、凄く親切で、仕事中なのに、調べてくれる。 感謝!

道中、「桃の湯、掛け流し温泉」という看板を見たので、
この辺にあるかと思ってたのに、実際は、岩手県一関にあり、2時間はかかる!
ん~、もう8時半だし、間に合わないことが判明・・・ 残念(涙)

折角、紹介された午前3時までの天然風呂は、塩素の臭いが相当きつい
うちらが期待してた、『天然温泉』とは違っていた・・・ 
温泉の宝庫、東北に来てるのに、ガックリだぞぉ~!

竜泉寺の湯」 ¥500  (健康ランド)
地下2,000メートルから湧き出る良質な天然温泉をはじめ
高濃度炭酸泉」 や満天の露天風呂など「15種類のお風呂やサウナ」

(高濃度炭素が珍しく、それが売りみたい)

その後、深夜1時まで車を走らせ、盛岡手前のSAで就寝。
寒いので、電気毛布の入ったお布団の中で妹はぬくぬく。
私は、電気毛布が入った温かい寝袋の中で、熟睡 zzzzz


 
プロフィール

リカ

Author:リカ

旅が生き甲斐な自由女40歳☆
11月29日でとうとう…

愛車エースで 『世界車旅』 続行中☆
今年は、東アフリカ☆
旅仲間も参加するぞ♪♪

*2015年5月からの旅仲間を募集中*

ずっと1人で運手。睡魔が問題…
基本、車中泊で宿代を節約。
燃料代が出費の大部分を占める。

お蔭様でネットとノートパソコンさえあれば、
何処に居ても仕事ができる幸せ者だが、
WiFiが使える時は仕事に追われる・・・

写真を撮るのは、めっちゃ大好き!
運転しながらでも、片手にはカメラ。

文章を書くのはかなり苦手…
旅日記が書きたいのに書けず、涙涙…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛車エース = ハイエース

TOYOTA Super GL Long 100系
4WD 5MT Diesel LSD 寒冷地使用

=2012年=
4月14日 日本 出発
4月15日~ 韓国 (29日) 2200km
5月14日~ ロシア (13日) 3756km
5月26日~ モンゴル (20日)2305km
6月14日~ ロシア (14日) 3670km
6月27日~ カザフスタン (26日) 3786km
7月22日~ キルギス (33日) 5142km
8月23日~ タジキスタン (14日) 1125km
9月6日~ ウスベキスタン (16日) 3489km
9月21日~ カザフスタン (4日) 800km
9月24日~ ロシア (12日) 2535km
10月5日~ フィンランド (3日) 683km
10月7日~ エストニア (3日) 208km
10月9日~ ラトヴィア (2日) 86km
10月10日~ リトアニア(2日)
10月11日~ ロシア (2日)
10月12日~ リトアニア (2日)
10月14日~ ポーランド (2日)
10月15日~ ドイツ (3日)
10月16日~ オランダ (3日)
10月18日~ ドイツ (2日)
10月19日~ チェコ (2日)
10月20日~ ドイツ (3日)
10月22日~ フランス (5日)
10月26日~ イタリア (6日)
10月31日~ フランス (1日)
11月31日~ スペイン (4日)
11月3日~ モロッコ (41日) 7764km
12月13日~ スペイン (5日)532km
12月17日~ モロッコ(8日)2300km
12月24日~ モーリタニア(2日)674km
12月25日~ セネガル(11日)5728km
=2013年=
1月4日~ ギニア(8日)1570km
1月12日~ コートジボワール(6日)965km
1月17日~ ガーナ(15日)1398km
1月31日~ トーゴ(6日)
2月5日~ ベニン(3日)
2月7日~ ナイジェリア(30日)
3月8日~ カメルーン(9日)
3月16日~ コンゴ共和国(13日)
3月28日~ コンゴ民主(7日)
4月3日~ アンゴラ(5日)
4月7日~ ナミビア(10日)
4月18日~ アラブ首長国連邦(2日)
4月19日~ 日本(80日)
7月7日~ ナミビア(95日)
10月10日~ 南アフリカ(69日)
12月18日~ カタール(1日) 
12月19日~ 日本(6ヵ月)
=2014年=
6月30日~ 南アフリカ

朗報、カルネ無しで旅ができる☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年5月、ロシアのウラジオストクから
2012年11月のモロッコまでの半年間、
最高な旅パートナーのミサ(30才)帰国。

引き続いて、モロッコからの旅仲間は
2012年4月からデリカで世界一周中の2人
季一郎と隆。2012年3月大卒した24歳。
2台並走で、半年かけてナミビアまで南下。
早く旅を終わらせたい2人はかなり急ぎ足。
殆ど観光なく日々運転で国々を通過のみ
皆ストレスを抱え、とんでもない旅に・・・
2013年4月にナミビアの首都でお別れ。

4月半ば、日本に1年ぶりの一時帰国♪
愛車エースは、ナミビアでお留守番。
七夕7月7日にナミビアに戻って
女1人で「アフリカ車旅」を再開♪

ナミビア3ヵ月放浪後、南アへ。
ダーバンで車の修理に悩まされる。
2ヵ月以上滞在し、ダーバンで生活。
12月17日、カタール経由で日本へ。
半年も日本に滞在し、ランクル購入♪

2014年6月末、南アに戻り、
旅仲間と一緒に東アフリカの旅スタート☆


*2015年5月からの旅仲間を募集中*
ランクル70 での車旅
ロシア(サハリン)から出発するかも!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

- - その前は - -
2011年9~11月(2か月)韓国1人車旅
- - その前は - -
2011年6月に無期限の車旅に出発。
が、ロシアとモンゴルを2ヵ月間だけ旅し、
色んな不幸が同時に起こり、帰国を決意…
・モンゴルの川で車が半浸水、車不調
・愛する祖父の末期癌発覚の知らせ
・6年間飼ってたペットの瀕死の知らせ
・大事な御守りの破損 などなど
ロシア6000㎞を7日間で走行、無事帰国

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ在住中の6年間半、
元愛車であちこち車旅♪
アメリカ、アラスカ、カナダ、メキシコ、
グアテマラ、ベリーズ、エルサルバドル、
ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、
パナマ (いつかは南米&オーストラリア!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本、節約貧乏旅行☆
1ヵ国に長期滞在するのが大好き♡
主に1人旅、バックパッカーか車旅
バイクでソロキャンプツーリングもいい

あれもこれもと かなり欲張り☆
チョロチョロ旅は本当に大好きだけど、
行動は相当マイぺースでトロイ・・・
のらりくらり車旅ができますように☆

日記
最新の日記
車旅 & 情報サイト   
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。