2013/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
車旅の期間
ツイート
今どこ? 予定は?
・・・・・2014年・・・・・
-過去-
10/10/2013~12/17/2013 南アフリカ 12/18/2013~6/29/2014 日本

-現在-
6/30~ 南アフリカ

-予定-
7/5、20代夫婦、ダーバン合流♪
7月末、1人合流
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ナミビア 飛行機で出国☆
~ナミビア 10日目~  4月17日(日)


日本から1年かけてナミビアまで運転してきたのに、飛行機だと1日ちょい! 
わかっちゃいるけど、やっぱり笑える(笑)

ナミビア



日本に戻る飛行機に乗る日。 

出発まで寝ないように、徹夜で、車の中の整理をしたり、日本に持って帰る荷物を小さなバッグとバックパックに詰め込む。 モロッコで買ったデカイ大きな皿とかもらったテーブルとか、車の中で場所をとるし重いから、日本に持って帰りたい。 でも、そんな大きな壊れ物を入れられるような鞄は持っていない。 あ~、やっぱ、ダンボール箱を探せば良かったと、後悔・・・

作業をしながらも眠い・・・ ちょっと睡魔に襲われながら、時計を見ると、もう朝4時半過ぎ。 うわっ、もうこんな時間! 一気に目が覚める。 早くシャワーを浴びなきゃ! 車の中で動き回ってたから、汗だく。  

まだ外は真っ暗。 シャワーとトイレがある建物へ砂利道をダッシュ! 大急ぎでシャワーを浴びて、車の中で服を着替えてるところに、お迎えの車がやってくる。 うわぁ~、もう来ちゃった! 5時までまだ10分もある! 早いよぉ~(汗) まだ、準備が終わってないのにぃ~(汗) 

ドライバーが呼びに来た。 「おはよう! 私1人?」 「同じホテルにもう1人いるよ」 それならと、先にもう1人の方を迎えに行ってもらい、その間に慌ててお風呂道具など残った荷物を詰め込む。 忘れ物ないよね?? パスポート持ったよね?? いや、待てよ・・・ ちょっと考える・・・ おぉ~、ヤバイヤバイ(汗) 一番大事なパスポートを忘れるところだった!(汗) コンソールボックスから、パスポートを取り出す。 気が付いて良かったぁ~! いつものごとく、ホント焦るわぁ・・・

私がバタバタしていると、お迎えの車が乗客1人乗せて、戻ってきた。 

エースはしばらくナミビアでお留守番。 キャンプ場に停めたまま、車の鍵をしめる。 ホテルの人が、後で建物の中に入れてくれる。 安全な環境でエースを預かってもらえるから、安心して日本に戻れるには、ありがたい。 

荷物をトランクに入れてもらい、車に乗り込み、空港へ向かう。 ホテルから空港まで30分くらい。 
ホテルから空港までの車代、N125 = ¥1200 (市内からは倍)

5時半頃、空が赤くなってきて、少しずつ夜が明けてくる。 

ナミビア

ウィンドホック・ホセア・クタコ国際空港 
Windhoek Hosea Kutako International Airport

小さな空港なのに、入っていきなりデカイ機械がある。 X線?と思ったけど、違った。 預け荷物をビニールでグルグル巻く機械なのだ。 グルグル巻きにするだけなのに、やたらと立派な機械。 そう言えば、ガーナの首都にあるコトカ国際空港では、手動式でグルグル巻いてたわ。 これって何処にでもあるサービスなのかな? アメリカと日本では見ないけど・・・ 私が気が付かないだけなのかな??


ナミビア

私の鞄もグルグル巻きにしてもらおっ! 1個 800円x2=1600円 はかなり高いけど、安全重視。 
預け荷物2個とも簡単に開けられるから、これで防止できる。 それに、鞄が汚れない。 

担当の人にお金と荷物を渡す。 荷物を機械に通すと、サランラップみたいなビニールにグルグル巻き状態で出てくる。 両端のビニールの開き部分をガムテープで留め、鞄の取っ手の部分だけカッターナイフで裂き、持ちやすいように取っ手を出してくれる。 
1個につき 8N = 約¥800

ナミビア

荷物、2個(各20kg)預けられるのに、私の荷物は2個合わせて20kgも満たない・・・ 皿以外にも日本に持って帰りたい物がいくつかあったのに・・・ このグルグル巻き機械を知ってたら、1個の荷物にまとめることができたのにな・・・ 高い飛行機代を払っているのに、この荷物の少なさ・・・ 
何だか、とても損した気分・・・ 

ナミビア

チェックインするのに、結構時間がかかり、列がなかなか前に進まない。 5:45に並び始めてから1時間後くらいにチェックインを済ませ、そのまま空港の建物から歩いて、飛行機に向かう。

South African Airways


ナミビア

横羽が折れ曲がり、しっぽと同じ模様が入ってるのが可愛らしい。 南アの国旗のデザインなんだね。

南ア

ナミビア

この飛行機が、ヨハネスブルグまで一気に連れて行ってくれる。
7:15 発---> 10:00着    距離1162km   フライト1時間45分

ナミビア 

こっちは、Air Namibia。 これも国旗の模様。

ナミビア

ナミビア

空は曇り空。 いつも窓側を指定。 景色を楽しめるし、邪魔されずに落ち着いて寝られる。 隣には誰もいないけど、間を挟んで女性が座ってる。 

ナミビア

7:20に出発。 久しぶりに感じる飛行機の騒音と加速G。 飛行機が小さいから振動も大きい。 離陸後、あっという間に、大地が遠ざかってゆく。 やっぱ、飛行機ってすごいよなぁ~。 自分専用の小型機が欲しいっっ! 

上空からの風景はやっぱり最高♪ 空港周辺はちょっと山があったけど、あとは何処までも何処までも平地が続いてる。

ナミビア

氷の張った海の上とか、南極大陸の上を飛んでいるみたい。 美しいなぁ~。

ナミビア

窓をぼーっと見ていると、おっ! いい匂いが漂ってくる! 昨日夕食を食べてから、何も食べずに12時間経過。 もうお腹ペコペコ! 8時に朝食がやってきたぁ~♪

ナミビア

マッシュルームとソーセージの選択で、マッシュルームを選ぶ。 ワクワクしながら、蓋を開けると・・・ あれ、少ない? 朝食だもんね。 量は少ないよな。 大食いの私には、綺麗に全部平らげても足りない・・・ あとで出されたコーヒーとジュースでお腹を満たした。

ナミビア

お腹が満足すると、今度は、睡魔に襲われる・・・ 隣の空いてる席に足を乗せて、ちょっとの間、仮眠 zzz

ナミビア、さようならぁ~  またねぇ~~



スポンサーサイト


 
日本への飛行機、チケット購入☆
 
~ナミビア 9日目~  4月16日(日)

朝7時に起きて、すぐにwifiに接続してみる。 よっし!繋がった! 回線が復活して良かったぁ~!

それにしても、出発は、翌朝だよ? 前日でも安くチケットは購入できるものなのかな?と、恐る恐る一番安いチケットを探す。 ホッ、2日前と値段は変わっていない。 選択肢は減ったけど、狙ってたチケットはまだある! 良かったぁ~! 

ここ数日調べている時は、前日になると値段が上がっていたのに、今のところはまだ上がっていない。 朝早いから、もしかしたらまだ値段の変更をしてないのかも! 値段が上がる前に早く購入しなくちゃ!と思うと焦る。 

「安いチケットはどのサイトで探しているの?」と、何人かの日本人旅行者に聞くと、みんな「
スカイスキャナー http://www.skyscanner.jp/ が一番安い」と言う。 スカイスキャナーの人気は高いようだ。 他に安いサイトはないかと、英語で探してみると、Orbitz http://www.orbitz.com の方がなんと2万円くらい安いではないか! 

しかも、スカイスキャナーだと、安いチケットは、カタールで乗り換え待ち時間が11時間のカタール航空しかないのに、Orbitz だと、待ち時間の長いカタール航空もあるけど、ドバイでの乗り換え時間が3時間くらいのエミレーツ航空がある。 

後で知ったけど、エミレーツは座席も広いし、ご飯も美味しいしで、かなり評判がいいらしい。 エミレーツが一番質がいいと言う人もいるらしい。 エミレーツにして良かった♪

一通り、値段を再確認して、一番安い往復チケットをOrbitzで購入。 
と言えど、 $1463.4 = 14万円弱 

けど、これで確定した訳ではない。 今度は、Orbitz が航空会社に確認し、チケットを確保。 朝食を食べながら、そのメールを待つこと30分、チケットが取れたというメールが届き、一安心♪ これで、翌朝発の飛行機で日本帰国が決定☆


ナミビア 

合計、26時間20分かかって、成田に到着。 一日ちょいで日本!

翌朝 17日 7:15AM 発  Windhoek Hosea Kutako International Airport (WDH)
同日 17日 10:00AM 着 Johannesburg International Airport (JNB)
(待ち時間 4時間10分) 
同日 17日 2:10PM 発  Johannesburg Int'I (JNB)
翌日 18日 12:10AM 着 Dubai International Airport (DXB)
(待ち時間 2時間40分)
翌日 18日 2:50AM 発 Dubai Int'I Airport (DXB)
翌日 18日 5:35PM 着 Narita Airport (NRT)



さ~、チケットも取れたし、出発の準備をしなくちゃ! 車の荷台に上がり、板の下にある荷物を引っ張り出す。 日本に持って帰る不要を物を探したり、日本から必要な物はないか、足りない物はないかと在庫の確認をしたり。 もう散乱状態・・・。 

この宿のチェックアウトは10時だけど、気付けばもう11時。 取り合えず、夕方頃までここで作業ができるかどうか確認しに宿の人を探しに行くと、なにやら揉め事。 警察官が2人いる。 アフリカ人カップル客がシングルN300(¥3000)に泊まったのに、「昨夜泊まる前にN110(¥1100)の値段を聞いた」と言って、抗議している。 「N110はドミの値段だ」とマネージャーは言い、シングル代を払わないから、警察を呼んだらしい。 昨日の宿の人が間違ってN110と言ったかもしれないし、お客の方が誤魔化しているのかもしれない。 実際のところ、どっちが正しいのだろう? 値段の言い合いが続き、両者とも引かない。 けど、払わないと警察に連行されるので、立場的にはお客の方が断然弱い。 だから、最終的には、泊り客がクレジットカードでシングル代を支払って、問題は解決。 そして、全く出番のなかった警察官は、「俺らはなんで呼び出されたのだ?」と、怒り気味。 マネージャーもそんなの気にもしないで、「ボスが呼べって言ったから、呼んだのよ」と、強い態度で言う。 「わざわざ来てもらってすまなかったねぇ~」というのはない。 いつから揉めてたのかわからないけど、警察が来てもまだ揉めてたし、警察が来なかったら、どっちかが折れるまで続いてたのかもね・・・

警官も帰り、落ち着いたようだから、大変だねぇ~と話しながら滞在のことを聞く。
昼間5時までの滞在料金N45=\450 
夜まで居たい場合は1泊分N75=\750
 


そっかぁ~、無料では居られないのね(涙)

なら、安全なこの敷地で夜中まで作業して、その後は、車を預けるホテルの手前にある検問所で待ち、朝5時の空港行きの迎えの車の時間に合わせてホテルに行けばいいかな? 

「検問所じゃなくて、ホテルで待てば?」って思うよね? それが、ホテル側にとって無料で利用されたくないらしい。 「なら、今いる場所で待てば?」とも思うよね? そうしたいけど、リーフスプリングが折れているせいで、タイヤと車体の間の隙間がもう1cmくらいしかないという危険な状態。 もし、道中にリーフスプリングがズレて、タイヤが車体に当たってしまったら、車が動かなくなるという、恐ろしい状況に! だから、道中トラブルに見舞われてもいいように、早めにキャンプ場の近くまで辿り着いておきたい。 ホテルでは待てないから、すぐ手前にある検問所で待てば安全だ、というふうに考えたのだ。 

ナミビア

結果、「木陰で涼しいし、夜中までここに居よう」と思って、お金を1泊分払い、ドア全開で作業を始める。 だけど、作業しながら、「あれ? 待てよ・・・ キャンプ場に行って、そこで作業して、朝5時のお迎えを待った方が楽じゃない? お金を浮かせようと考えてたけど、差額もたった\250だし・・・ ジェラルドウィル(オランダ人夫婦)ともお別れの挨拶ができるし・・・」という意見が自分の中でどんどん強まり、「よし、ホテルに行こう!」と1時間後くらいに決断。 

ちょうど、その時、近くの道路で工事をしているらしく、空気が誇りっぽくなってきたから、それを理由に、マネージャーに、「ごめんね、工事か何かで誇りっぽくて、車のドアを開けておけないからやっぱり移動するわ。」と言うと、ふつうに笑顔でお金を返してくれた。 


3泊お世話になったゲストハウスから出て、車を預けるホテルへ。

市内から約40km先に国際空港があり、その中間あたりに位置するホテルには、キャンプ場もある。 2日前にもオランダ人夫婦に会いにホテルまで行ったけど、今日もまた会えるのは嬉しい。

市内出れば、空港まではずっと田舎道。 遠くにはずっと山脈が連なっている。 


ナミビア

そんな何もない所に、このお土産屋の看板は目立つ! 
水牛、トラ、イノシシ、サル、よくわからない組み合わせ(笑)

ナミビア

ホテルの手前にある検問所。 ここで、夜を過ごそうと思ってた。 免許書と、車の登録所と、ナミビアで発行した書類を確認される。 運転免許書がないけど、盗難届けと免許書のコピーを見せれば、OK。

ナミビア

ホテルのゲート 
Trans Kalarahi Inn

ナミビア

到着すると、ジェラルドは洗車中。 ウィルは、直射日光をガンガン浴びながら、読書中。 わお! 顔と首が真っ赤っか! 紫外線や日焼けに対する感覚が、日本人とは正反対だから、面白い。 光線に当たるとかなり熱いのに、よく耐えられるわねって、びっくりよ!(笑) 

ナミビア

お、ジェラルドが洗車を終え、でかいキャンピングトラックで戻ってきた。
ちなみに、後ろの白い建物の中で、私の留守中、愛車を預かってくれる。


ナミビア


タイヤだけでも、デカイ! バイクが小さく見えるぞ。 

ナミビア

さて、私は、早く日本に戻る準備をせねば! キャンピング場と言っても、とてもシンプルな造りで、テーブルも何も置いていない。 木陰もないので、さっきの宿と比べたら、車内が暑い! でも、とても静かで、空気も美味しいし、大地が見渡せる素敵なロケーション♪

ナミビア

荷台でガソゴソしていると、すぐ傍の棒に可愛らしい小鳥がやって来て、こっちの様子を伺ってる。 食べ物をねだりに来たのかな? でもね、何もあげるものがないのよ、ごめんね・・・・

ナミビア

ロシアからずっと通って来た国々で余ったお金が出てきた。 このお金は各地を再度訪れた時に使うからいいんだけど。 それまでに紙幣が変わりませんように・・・・

ナミビア

夕方。 外はもう薄暗くて肌寒い。 朝食から何も食べていないので、もうお腹ペコペコ! レストランに行く前に、ジェラルドウィルのキャンパーに寄ると、めっちゃいい匂いがする! 台所で夕食の準備中。 
2日後、オランダに戻る飛行機に乗るので、今夜は残り物で最後の手料理だって。 牛肉2切れと玉ねぎを焼き、豆を煮込んで、ブロッコリーをゆがいてる。 美味しそう♪

ナミビア

ウィル 「余り物の食材だから、2人分しかなくてごめんね。」 
私 「気にしないで、レストランで食べるの楽しみにしてたから! 今から行くね。」
ジェラルド 「ご飯を食べ終わったら、レストランに行くから、何か飲みながら話そう。」
私 「OK! じゃ、夕食楽しんでねぇ~!」 


ホテルの玄関。 アフリカの民芸品があちこちに飾ってある素敵な建物。


ナミビア

早速、ジュースとサラダと肉料理を注文し、車を預ける書類を書いて、ノートパソコンで仕事。 昨日はネットが使えなかったし、今日は車の中でずっと作業をしているから、ネットの仕事が溜まってる。 明日もネットが使えないかもしれないから、今のうちに終わらせなきゃ。

雰囲気は高そうなレストランだけど、値段は安め♪


ナミビア

ナミビア

しばらくして、まずは、前菜 グリーク サラダ N41.95=¥500
私の大好きなフェタチーズとオリーブがたくさん♪ ミックスジュースN30=¥300

ナミビア

それから、メインの
Springbok Saddle with Asparagus and Mango Sauce 
Fresh Mushrooms and Potatoe Croquettes N129.5=¥1300


ナミビア

サファリで見るスプリングボックのサドルという部位。 サドルってどこか何だ? ミディアムレアでまだ中は赤いけど、柔らかくて肉々しい。 全く臭みはないから、牛肉?って思える。 アスパラガスとマンゴーソースが肉に直接かかっていて、ソースは酸味があって甘め。 それとは別に、マンゴーをベースに細かく切った野菜入りピリ辛ソースが添えられ、それがとても美味しくて、肉とよく合う。 キノコ炒め、さやいんげん炒め、サラダがついて、ミニコロッケが陳列。 揚げたてはサクっとして、美味しい。 1人で食べるご飯は味気ないけど、美味しい夕食が楽しめて満足♪

スプリングボックシカ科と思っていたら、ウシ科だ! どう見てもシカなんだけど・・・・


ナミビア

夕食を食べ終えた後、ホテルのオーナーのウィルと車の手続きをする。 車を建物の中に保管してくれるから、とても安心できる。 更に、月初めに数分間エンジンを回してくれる。 それなのに、保管料は1ヶ月でたったの
N400=¥4000。 とても良心的な値段で助かるよね! 

ジェラルドのトラックサイズになると、N480 = ¥4800で少しだけ上がる。 けど、あの大きさで、たったの¥4800は、驚きの安さ! 何年も車を預けてるヨーロッパ人もいて、年に1回くらい戻って来ては、1~3ヵ月間くらい、車でアフリカを旅するんだって。 自分の車をずっとアフリカ南部に預けて、年に1回くらい車旅しに戻って来れるなんて、なんて素敵なの! めっちゃ憧れるぅ! 私もそのうち、自分の車をアフリカ南部に預けて、たまに飛んで来ては、アフリカを車で自由に旅ができるようになれたらいいなぁ~~   

ヨーロッパの場合は、ドイツにいる友達ヴォルカーがベンツ工場の車庫に車を保管してくれると言う。 のちのち、そこにハイエースを預けて、気が向いた時に、ドイツに戻り、ヨーロッパや中東などを車旅することもできるんだよね。 各地に家が欲しいなぁ~と思ってたけど、各地に車を置いておくのが一番良さそうだね! 私の新しい野望がまたひとつ増えたぞ♪

今回、オーナーのウィルに支払った金額は
車の保管(2ヵ月) N800 = ¥8000
空港までの車代 N125 = ¥1250
キャンプ場1泊 N100 = ¥1000
今夜の夕食 N231.45 = ¥2300
合計 N1256.45 = ¥12550


クレジットカードで支払おうとしたけど、なぜか通らない。 現金を持ち合わせていて、良かったぁ~!

支払いを済まし、ジェラルドウィルが来るのを待ちながら、ネットで仕事の続きをする。 8時半くらいかな? 2人がやってきて、ワインやビールを注文。 私は、ジュースを。 
気持ちが若々しく愉快な夫婦は70歳とは思えない! 楽しくいろんなお話をして、10時頃、寝に戻る前、最後にハグをして、お別れの挨拶。  またいつかアフリカかオランダで会おうね!

私は、また荷台によじ登り、日本に帰る準備の続きをする・・・ 
朝の5時のお迎えまでは起きとかなければ・・・



 
プロフィール

リカ

Author:リカ

旅が生き甲斐な自由女40歳☆
11月29日でとうとう…

愛車エースで 『世界車旅』 続行中☆
今年は、東アフリカ☆
旅仲間も参加するぞ♪♪

*2015年5月からの旅仲間を募集中*

ずっと1人で運手。睡魔が問題…
基本、車中泊で宿代を節約。
燃料代が出費の大部分を占める。

お蔭様でネットとノートパソコンさえあれば、
何処に居ても仕事ができる幸せ者だが、
WiFiが使える時は仕事に追われる・・・

写真を撮るのは、めっちゃ大好き!
運転しながらでも、片手にはカメラ。

文章を書くのはかなり苦手…
旅日記が書きたいのに書けず、涙涙…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛車エース = ハイエース

TOYOTA Super GL Long 100系
4WD 5MT Diesel LSD 寒冷地使用

=2012年=
4月14日 日本 出発
4月15日~ 韓国 (29日) 2200km
5月14日~ ロシア (13日) 3756km
5月26日~ モンゴル (20日)2305km
6月14日~ ロシア (14日) 3670km
6月27日~ カザフスタン (26日) 3786km
7月22日~ キルギス (33日) 5142km
8月23日~ タジキスタン (14日) 1125km
9月6日~ ウスベキスタン (16日) 3489km
9月21日~ カザフスタン (4日) 800km
9月24日~ ロシア (12日) 2535km
10月5日~ フィンランド (3日) 683km
10月7日~ エストニア (3日) 208km
10月9日~ ラトヴィア (2日) 86km
10月10日~ リトアニア(2日)
10月11日~ ロシア (2日)
10月12日~ リトアニア (2日)
10月14日~ ポーランド (2日)
10月15日~ ドイツ (3日)
10月16日~ オランダ (3日)
10月18日~ ドイツ (2日)
10月19日~ チェコ (2日)
10月20日~ ドイツ (3日)
10月22日~ フランス (5日)
10月26日~ イタリア (6日)
10月31日~ フランス (1日)
11月31日~ スペイン (4日)
11月3日~ モロッコ (41日) 7764km
12月13日~ スペイン (5日)532km
12月17日~ モロッコ(8日)2300km
12月24日~ モーリタニア(2日)674km
12月25日~ セネガル(11日)5728km
=2013年=
1月4日~ ギニア(8日)1570km
1月12日~ コートジボワール(6日)965km
1月17日~ ガーナ(15日)1398km
1月31日~ トーゴ(6日)
2月5日~ ベニン(3日)
2月7日~ ナイジェリア(30日)
3月8日~ カメルーン(9日)
3月16日~ コンゴ共和国(13日)
3月28日~ コンゴ民主(7日)
4月3日~ アンゴラ(5日)
4月7日~ ナミビア(10日)
4月18日~ アラブ首長国連邦(2日)
4月19日~ 日本(80日)
7月7日~ ナミビア(95日)
10月10日~ 南アフリカ(69日)
12月18日~ カタール(1日) 
12月19日~ 日本(6ヵ月)
=2014年=
6月30日~ 南アフリカ

朗報、カルネ無しで旅ができる☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年5月、ロシアのウラジオストクから
2012年11月のモロッコまでの半年間、
最高な旅パートナーのミサ(30才)帰国。

引き続いて、モロッコからの旅仲間は
2012年4月からデリカで世界一周中の2人
季一郎と隆。2012年3月大卒した24歳。
2台並走で、半年かけてナミビアまで南下。
早く旅を終わらせたい2人はかなり急ぎ足。
殆ど観光なく日々運転で国々を通過のみ
皆ストレスを抱え、とんでもない旅に・・・
2013年4月にナミビアの首都でお別れ。

4月半ば、日本に1年ぶりの一時帰国♪
愛車エースは、ナミビアでお留守番。
七夕7月7日にナミビアに戻って
女1人で「アフリカ車旅」を再開♪

ナミビア3ヵ月放浪後、南アへ。
ダーバンで車の修理に悩まされる。
2ヵ月以上滞在し、ダーバンで生活。
12月17日、カタール経由で日本へ。
半年も日本に滞在し、ランクル購入♪

2014年6月末、南アに戻り、
旅仲間と一緒に東アフリカの旅スタート☆


*2015年5月からの旅仲間を募集中*
ランクル70 での車旅
ロシア(サハリン)から出発するかも!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

- - その前は - -
2011年9~11月(2か月)韓国1人車旅
- - その前は - -
2011年6月に無期限の車旅に出発。
が、ロシアとモンゴルを2ヵ月間だけ旅し、
色んな不幸が同時に起こり、帰国を決意…
・モンゴルの川で車が半浸水、車不調
・愛する祖父の末期癌発覚の知らせ
・6年間飼ってたペットの瀕死の知らせ
・大事な御守りの破損 などなど
ロシア6000㎞を7日間で走行、無事帰国

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ在住中の6年間半、
元愛車であちこち車旅♪
アメリカ、アラスカ、カナダ、メキシコ、
グアテマラ、ベリーズ、エルサルバドル、
ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、
パナマ (いつかは南米&オーストラリア!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本、節約貧乏旅行☆
1ヵ国に長期滞在するのが大好き♡
主に1人旅、バックパッカーか車旅
バイクでソロキャンプツーリングもいい

あれもこれもと かなり欲張り☆
チョロチョロ旅は本当に大好きだけど、
行動は相当マイぺースでトロイ・・・
のらりくらり車旅ができますように☆

日記
最新の日記
車旅 & 情報サイト   
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。